何枚も書いていると疲れてくる履歴書と印鑑

履歴書イメージ

アルバイト探しや就職活動で作成する書類の履歴書。
応募する会社が多ければ多い程枚数も必要ですし、何枚も同じ事を記入する必要があります。
写真の添付も必要ですし印鑑も押さないといけない手間のかかる作業ですね。

履歴書は手書きが良いのか印刷でも良いのか

最近は履歴書もパソコンで印刷する場面が多くなっています。
でも昔ながらの会社などは、履歴書は手書きでないと受け付けないという所もあります。
一概にどっちが正解とは言えませんが、応募する会社によって変えた方が良さそうです。

1枚1枚しっかり手書きで苦労して書いた履歴書を評価してくれる会社。
パソコンを使いこなし、履歴書ぐらいならすぐに用意できるスキルを評価してくれる会社。

仕事の内容や会社のメイン業務によって判断しましょう。

印鑑の種類

履歴書には印鑑を押す箇所がありますね。
ここに押す印鑑の種類はどうすれば良いんでしょうか。

シャチハタですと簡単に押せますし、何度も連続して捺印も楽です。

アルバイトの面接用だとシャチハタでも良さそうですが、正社員応募の場合の履歴書はシャチハタは避けたほうが良いでしょう。
書類を見る面接官にもよるのかもしれませんが、シャチハタで押印されているのを見た瞬間落とされる可能性が高いです。

面接官の目を引くという点ではシャチハタも良いのかもしれませんが、悪い方向に目を引くのは避けたいですね。

通常の企業への面接応募の場合は認印を作っておいて押印しましょう。
朱肉が別で必要だったり、押すのがちょっと手間だったりしますが、それで少しでも心象を良くしたいなら我慢です。

今はネットでも色んなタイプの印鑑を購入できますので、字体や材質にこだわって普通の認印とは違った印面を表現するのも良いかもしれません。

ページの先頭へ