履歴書に押す印鑑をシャチハタにしたら楽なのに

インクをとるイメージ

正社員採用の応募書類の履歴書、アルバイト面接用の履歴書。
履歴書にも種類が分かれますが、書く内容はそれほど大きく変わるわけではありません。

必要事項を記入して、顔写真を貼って捺印する。

フォーマットもある程度決まっているので、それに合わせて記入するだけなんですが、正社員採用の履歴書は書く内容などしっかり考えて記入します。
仕事を求めて応募するので、自分が働きたい会社には意欲が伝わる履歴書にしたいですね。

押印がシャチハタだった時の面接官の反応

もし自分が会社の人事を任されていて、採用担当になったとしましょう。
多くの人からの応募があり、たくさんの履歴書を確認する事になるでしょう。

これから一緒に働くかもしれない、会社に貢献してくれる人材を発掘して採用しなければならない。
そう思うと履歴書の見方にも気合が入ります。

日に何枚も履歴書を見るのはかなり根気のいる作業だと思います。
その中でシャチハタで押印されている履歴書を見た時にどんな気持ちになるでしょうか?

常識外れな人間だなと、すぐさま不採用側に分類されるでしょうか。

こういう場面でシャチハタの押印を見つけた場合、普通はあまり良い印象は受けないですよね。

履歴書には認印か三文判が無難

ですので履歴書に捺印する印鑑は、認め印などを使用する方がいいでしょう。
そんなに高いものを使う必要もありませんし、ネットですぐに購入する事もできます。

全てを無難にまとめて他の人と差がでるのかと考えなくも無いですが、印鑑で他人と争っても意味はありません。
差をつけたいなら他のピーアールできる才能でアピールしましょう。

その方が面接官にもぐっと反応してもらえると思いますよ。

ページの先頭へ